お知らせ

2021.09.23

【栗無月】

栗ひろいは秋の楽しみのひとつでした。
いがから栗が見えた時の喜びはよい思い出として残っています。

白では栗のお菓子をご用意いたしました。

丹波の懐かしい栗を渋皮煮にしてほろりとやさしい甘さの栗の餡を茶巾包みに仕立てました。

秋深まる季節。
ゆっくりと過ごす大切なお時間に手にとっていただけましたらうれしいです。

10月1日(金)発売開始
¥2,000円(税込)
2日賞味
要冷蔵
予約可能

お問い合わせ
白haku
月、第2火曜日定休日
11時から18時
075-532-0910

2021.09.23

【百の日/10月定休日のご案内】

10月2日(土)は、白に堀口一子さんをお招きする百の日です。

白に一子さんの「一」で百の日。

9月の百の日には、茉莉花と洛神花のお茶をご用意くださいました。
香り高いお茶と一子さんのやさしい笑顔に、残暑の疲れが癒された一時でした。

爽やかな秋の休日。
お散歩がてら白にお立ち寄りください。
美味しいお茶をご用意してお待ちしております。

お問い合わせ
白haku
11時から17時
075-532-0910

10月定休日のお知らせ
4日(月)、11日(月)、12日(火)、18日(月)、25日(月)

2021.09.05

【銀杏餅】

秋になると葉は美しい黄色に染まりぎんなんの実をつけます。
日本に銀杏は室町時代前後に伝わったと記されております。
今年の秋は久しぶりに銀杏並木をゆっくりと散策してみたいと思います。

白ではお料理によく使われる銀杏を初秋のお菓子としてご用意させていただきました。
ひすい色の銀杏を素揚げして白餡とあわせ求肥のなかに包みました。
ほっくりとした食感に優しい甘さ。

始めての出会いを秋風感じる季節にお召し上がりくださいませ。

9月7日(火)発売開始
当日賞味(火~土曜日販売)
要冷蔵
1,500円(税込)

お問い合わせ
白haku
11時から18時
月、第2火定休日
075-532-0910

2021.08.24

【百の日/9月定休日のご案内】

9月2日(木)は、白に堀口一子さんをお招きする百の日です。

白に一子さんの「一」で百の日。

8月の百の日は朝から強い日差しの始まりの1日でした。
いつものように麻のワンピースにかわいらしい籠を持ち微笑みながらお越しくださる一子さん。
毎日の暑さに少しでも元気になれるようにとフレッシュなパッションフルーツをそそのままいただき最後は皮を器に白茶を淹れていただきました。
ほんのり甘い白茶。
始めての体験と一子さんのお心遣いにいつも感謝しております。

初秋を感じゆっくりとした気持ちになれますとように。
皆様のお越しをお待ちしております。

お問い合わせ
白haku
11時から17時
075-532-0910

9月定休日
6日(月)、13日(月)、14日(火)、21日(火)、27日(月)

2021.08.20

【阿里山烏龍茶】【赤烏龍茶】

新秋の頃。
季節は少しずつ秋にむけて変わり小さな秋も見かけ始めました。

この度大切なご縁をいただき台湾の自然農法で育てられた烏龍茶をご用意させていただくことになりました。

〈阿里山烏龍茶〉
海抜1600メートルの山中で昼夜の気温差、有機を主とした養分が緑濃く味と香りが豊かです。
茶味もほんのり甘く澄んでいます。

〈赤烏龍茶〉
台湾南投県霧杜郷高峰山の自然農法で育てられました。
雨が少ない年の茶木はゆっくりと風味を蓄えます。
茶味は丸みを帯びて濃厚、はちみつのような甘い余韻が続きます。

温かく豊かな烏龍茶。
お好みの味をお寛ぎのお時間にお召し上がりくださいませ。

阿里山烏龍茶
30g
1,600円

赤烏龍茶
30g
1,700円

お問い合わせ
白haku
075-532-0910

2021.07.31

【百の日のご案内】

8月の定休日と夏期休暇は下記に記載しております。

8月5日(木)は、白に堀口一子さんをお招きする百の日です。

白に一子さんの「一」で「百の日」。

厳しい暑さが続く毎日、川の瀬にキラキラと空の青が映りこんで、ふと見るせせらぎが涼を感じさせてくれています。

7月の百の日には、これから迎える夏の暑さに身体の熱をとる効果がある白茶をたっぷりと用意してくださった一子さん。

お客様に一子さんの優しい心遣いを一言そえてお淹れしました。

暑い夏は今暫く続きますが、少しでもお身体が整いますように、美味しいお茶をご用意してお待ちしております。
お近くにお越しの折にはお立ち寄りくださいませ。

8月5日(木)
11時から17時
予約不要、無料

お問い合わせ
白haku
075-532-0910

8月の定休日
2日(月)
11日(水)~16日(月)
23日(月)
30日(月)

2021.07.17

【鱧市松】

7月。梅雨明けから最盛期を迎える鱧(はも)。
京都では古来から祇園祭の時期に鱧を食べる習慣があります。

白では小さな筥に白焼きと、梅のつけ焼きの2種類のお味を市松模様に見立ててすし飯の上にあしらいご用意させていただきました。

来年は祇園祭が行われますように。
旬のお味をお楽しみくださいませ。

7月21日(水)発売
¥2200円(税込)
当日賞味
予約可能

お問い合わせ
白(はく)
075-532-0910
毎週月、第2火曜日定休日

2021.07.03

【百の日/7月定休日のご案内】

7月8日(木)は、堀口一子さんをお招きする百の日です。
白に一子さんの「一」で百の日。

少暑を迎える時期ですが今年は真夏のような暑さが続いております。
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

6月の百の日も一子さんは新茶をご用意してくださいました。
新茶の香りは青々しく心を落ちつかせてくれます。
ほんの短い時間でも気持ちを整え柔らかな笑顔で帰られるお姿を見ていると私たちも心優しくいられることに感謝します。
お時間ございましたらおくつろぎにお越しくださいませ。

予約不要、無料
お問い合わせ
白(はく)
075-532-0910

7月定休日のお知らせ
5日(月)、12日(月)、13日(火)、19日(月)、20日(火)、26日(月)

2021.06.22

【向暑のごあんない】

今年は真夏のような強い日差しの梅雨の時期を迎えております。
夕方になると京都東山の山並みはくっきりと連なり迎える夏の力強さも感じます。

白では少しずつ夏を想わせる室礼や食材になりました。
三度いっちの胡麻和えの具材は季節によって変えています。
今の季節は上賀茂の万願寺とうがらし、酢茗荷を合わせてご用意いたしました。
パンには珍しい食材ですが食感と酸味を味わっていただけましたら。
れもんゼリーや葛と寒天のなかにお豆を合わせたお菓子もご用意しております。
お手にとっていただけましたら幸いです。

涼やか冷茶をご用意しております。
少しだけお寛ぎにお越しくださいませ。

予約可
お問い合わせ
白(はく)
075-532-0910

2021.05.27

【枸円 くえん】

穏やかな気候、日当たりのよい瀬戸内の
生口島から爽やかな味わいと香りのレモンが届きました。

白では初夏を感じ始める時期から初秋まで一番旬の産地のレモンをゼリーに仕立ててご用意しております。

皮と果肉は蜜煮で煮つめてほんのり甘く。
たっぷりの果汁は寒天でかためました。
ぷるんとした食感のゼリー。
白からささやかな贈り物です。

6月1日(火)より発売開始
¥2,750円
3個入
2日賞味
要冷蔵
予約可

お問い合わせ
白(はく)
075-532-0910

3
...